スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
Carcassonneへの旅②
Perpignan(ペルピニャン?)に泊まった。
二日目はSigean(シジョン)にあるとっても開放的な動物園に寄ってから
Carcassonneへ。

「Réserve Africaine de Sigean」という動物園。
敷地がめちゃめちゃ広くてホントサファリパーク。
私は上野動物園系しかいったことないので、車で見る動物園には驚き!
係員が付くわけでもなく自分で運転。
ライオンの横もすらーーーり。
それでも敷地内にいる彼等たちだからちょっとかわいそうに思うものの、そんなこといったら矛盾してることになる。
勉強と思って動物たちをしっかり観察しよう。

写真は見にくいと思うけど一枚目のはアヒルっぽいのがサル(よく飼われてるやつ)と遊んでるところ。
2枚目はすずめの休憩所。かわいい。

こんな動物園はホント初めてでとっても感動した。一年くらいずっと彼等の様子をみたいたいくらい興味が湧いた。来てよかった。

zoo8.jpgzoo7.jpg

zoo2.jpgzoo3.jpg

zoo4.jpgzoo9.jpg

zoo5.jpgzoo6.jpg

zoo10.jpgzoo11.jpg

zoo1.jpgzoo15.jpg

zoo13.jpgzoo14.jpg
zoo16.jpgzoo12.jpg


さて続いて目的地のCarcassonneへ到着。
車を降りる時にカメラを落としちゃった。
ガタがきてはいたけど最後の一撃ですっかり壊れた。
なので写真は全てボケてる。

とっても大きいお城。
よく映画やコンサートなどでも使われてる。

お城のつくりとかをまじまじとみて、本当にここで戦いがあったんだなぁと想像。
戦士になったことを想像してみた。
敵が見えるところにきてる、、、。
怖くなった。なんだか涙が溢れ出すような。。。
映画ではない時代が確かにあったんだ。
彼等の歴史のおかげで今の私たちがあることに感謝。
carcassonne6.jpgcarcassonne4.jpg

carcassonne1.jpgcarcassonne5.jpg

carcassonne2.jpgcarcassonne3.jpg

Carcassonneってとっても大きな敷地だから敷地内に居住しているひともたくさんいるし
レストラン、カフェ、お土産屋さんもいっぱい。
その一角になんと和雑貨屋さん発見。
立ち寄ってみると「んん?!」胡散臭くない感じの和テイスト。こりゃ日本人だ。
お店番をしてるのは白人男性。
きっと旦那さんだと思って話しかけようと思うとそそくさとお店の裏に行ってしまった。。
なんだ?!と思ったら奥さんを呼んできてくれた。
やっぱり日本人だった。確かイギリス人の旦那さんで、二人でフランスに移住されたとか。

一瞬Carcassonneにきて日本名物って売れるのかなぁ?と思ったけど、浴衣など即完売だそうだ。なるほどね。
是非またいつか訪ねてみたいと思う。

gouffre geant

さて、この後近くの2つの山へ洞窟探検に行った。
山の中の空間に石灰岩と雨水、地下水がアートを描く。
鍾乳洞って日本でもフランスでも神秘に満ち溢れてる。ステキ。

短い旅でまたいろんなことを学べた。
これからもちょくちょく小さな旅を積み重ねて行きたい。
日本でもこういう旅をたくさんしたい。
スポンサーサイト
[2005/06/18 22:48 ] | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
Carcassonneへの旅①
高速を使わない旅がすき。
一般道や小道をゆっくり走っていろんな小さな村を楽しむ。

今回はCarcassonne(カルカソンヌ)のお城までの旅。

ルートはArles-Sete-Beziers-Narbonne-Perpignan-Sigean-Carcassonne

さてまずはArles(アルル)へ到着。
ゴッホがいた村。
ゴッホの絵は見たらいくつか知ってるのがあって、「あ、この人かぁ」ってわかったけど、
基本的に芸術に関わらず知識が薄いので、調べないとーーっていう課題ばっかり積み重なってしまう。でも後で調べるの忘れちゃう、、。
色々知ってて行くのはもっと面白いことなのに、、。
でも少しづつからだで体験して染み込ませていけたらいいな。

ところでここは有名観光地らしく日本人観光客のツアーとはちあわせた。
お年寄りの方のが多かった。
私はこの年代の方々が海外旅行を楽しんでる様子をみて嬉しかった。
何かしら戦争に関わっていたと思うけど、辛い過去も受け止めて、現在もある友好関係を信じてるんだと思う。
旅行のなかで感じるものが本当に多いはず。

私は平和ボケで育って何も考えずに海外旅行を当然のように楽しんでるけど、
彼等をみて、歴史の重さを改めて考えて行動するよう自分に語りかけた。

arles1.jpgarles5.jpgarles3.jpgarles2.jpg

さて続いてSETE(セットゥ)
ながーーーーいビーチを車で走りぬける。
途中で止まったけどゆっくり走って30分くらいかかったと思う。
10キロくらいはあるんじゃないかな???
面白いことにビーチの後ろも海だか川の水が溜まって両サイドが水。
地図を見るとすぐわかる。
google map SETE
下の2枚の写真は自分の左右。長すぎて端が見えない。

sete.jpgsete2.jpg

sete4.jpgsete3.jpg
[2005/06/18 17:00 ] | 旅行 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。