スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
お庭その②
昨日しぇりままが帰ってくると、
「来て来て!見て見てお庭!」
というので行ってみるとイスやテーブルが飾ってある。
gardin3.jpg

どうやらテンションが上がってるようで、早速買ってきたらしいぞ!
左手の白っぽいイス2個とテーブルはtrocっていうんだっけな?中古の家具屋さんで買ってきた。
しぇりままの彼氏が塗装してキレイな色に塗り替えるらしい。ほぉ~。なるほどねぇ。

中央のイス2つはしぇりのおばあちゃんが使ってないのでくれたとさ。
青と緑のシマシマで古くて汚かったのを、持ってた白い布を掛けてみた。
それだけで大分新品に見えたりして♪
あまったのをハンモックにかけてみた。

夕方だったから写真が見難いのですが、こんな感じ。

やっぱり床の汚いのがきになる。

スタバなイメージを想像していた私たちだけど、なぁんでもいいもんね♪
久しぶりにしぇりままの熱をみたぞ。いいこといいこと♪
早速左のイスとテーブルでPCをして楽しんでいたシェリ。よかったね♪


さて、バンビくん。
猫のTPZ(トパーズなんですけど、フランス人にとっては名前がダサイらしいのでTPZってかいてみました。笑 前の飼い主が名付けたんですっっ!!汗)のために買って来たベッド?かごを自分の物にしたいらしい。
確かにTPZ使ってないし。笑
それで、座れはするものの、ねっころがると体の半分でてしまう。
はみ出ないように一生懸命手を中に入れようとするんだけど、どうしても出てしまう。
それで、
「なんで ;o; ??」
って顔してこっちをみる。かわいすぎるぅぅぅ。。

「なんで」の顔が撮れなかったのが残念だけど、しばらくカメラを持ち歩いて待機しよう!
いやいや、犬猫、癒される。。♪
bambi4.jpgbambi3.jpg
スポンサーサイト
[2008/07/30 17:12 ] | できごと | コメント(0) | トラックバック(0)
Sungha Jungくん
Sungha Jungくん、韓国人当時?現在はわかりませんが、11歳。
(他のyoutubeのページで、韓国のテレビ番組に出演してる映像があって、理解できないものの、画面に11歳みたいに出ていたのです。。間違ってたらすみません。)

http://www.youtube.com/watch?v=vS0QjEeNYpM

すごいなぁ。11歳にしてこんなに土台ができてたら将来が楽しみだ。
今でも十分すごいけどまだまだ楽譜を暗記した感じだもんね。
これに年を重ねるごとに自分のテイストを出していく姿を追ってみたいな。

いやいや、自分の11歳、、、。
ま、人は人、自分は自分。と言い聞かせるしかないね。

そう、私もギターを人生の中で一曲でも弾けるようになりたいと思い、
しぇりさんに弟子入りを申し出た次第であります。
少しづつがんばるぞ。
[2008/07/29 10:28 ] | 映画・テレビの話 | コメント(0) | トラックバック(0)
嬉しいニュース
4日から妹がコルシカ島へ友達を訪ね1ヶ月くらいいなくなる!
なぁんて嬉しいニュース。
彼女がいないときのこの家はとてもきれいで臭くなくいので全くイライラすることもなく生活がとっても快適になる。
そしてその後はしぇりままはコンパーニュのところへ行ってしまうし、2週間の旅へも出かけるから
2人だぁぁぁ!

私、ちょー嫌な人だけど、平和に暮らせるので嬉しんです。

そうそう、それと
来年妹のコレージが終わってリセに行くのを機に、シェリままがコンパーニュとの暮らしを始めることをほぼ決意!2人の関係も長いことになって行きそうだし、妹のリセの場所もコンパーニュのおうちからとても便利だし。
シェリも問題児な妹と教育放棄な母親をなんとかしようと助けていたけど、
どんなにがんばっても変わる見込みのない彼らにもう疲れたので、ちょうど、もうそろそろこの家を離れようと話していたところ。

シェリのがんばりもむなしく、むしろシェリのがんばりは余計に母と娘の関係を複雑にしていることにやっと気が付いた模様。
変わる気のない2人を無理に変えようとしても変わるわけいもんね。
残念だけど。

コンパーニュ、お気の毒に。。。-v- 。。。ざまーみろ。
って、彼は何にも悪いことしてないかっっ!汗
シェリママはどんなにシェリががんばっていたことか、シェリがいなくなってから思い知るんだろう。


ふぅ、なので!ついについに来年はいろいろ動く予定だ!
やっとだぁ。。あともう1年がんばれ私!これを思ったら毎日がんばれるかも!涙

お庭つきのお家は見つからないと思うけど、そんなこたぁ全然問題ではないのです!
いやー、そりゃお庭はほしいものだけどさ。。
でも2人で暮らせることに比べたらお庭は簡単にあきらめられます!
嬉しいので書いちゃった。。
[2008/07/28 18:50 ] | できごと | コメント(4) | トラックバック(0)
お庭を楽しむ♪
もっとお庭を活用しよう計画を立てた。

というのもこのお家は一軒家が数十件連なっているおうちなのでお隣さんに声がまる聞こえ。
片方のお隣さんが厄介な、いかにも南仏な老夫婦で、引退して毎日やることもなく近所の人間観察にいそしむ日々を送っているわけ。

なのでお庭で話して聞かれるのがあんまり好きじゃなくてお庭をほとんど使わずにいた。

それじゃもったえない!
隣なんぞもう気にせずに私たちのお庭を楽しもう!

ってことで、
早速テントみたいなパラソルっての?を買って組み立てた。
カルフールの45ユーロのすぐ壊れそうなやつ♪

ハンモックをキレイに設置して、イスを2つ並べて。。。

コンセプトはスタバ。

イスはおうちの中用のを使ってみたので、来週大きなソファーと低めのテーブルかなんかを買ってきて、カフェを楽しんでたまに2人でPCなんかやっちゃったりもいいねぇ。
って、ソファーはちょっと外に置くのは心配だけど、なんかいいのがあればいいな。

お友達がきたらアペリティフはお庭で。。なんてのもいいねぇ。

ちょっといじくっただけで南国のビーチにあるテラスみたいになって大満足。
ガチャガチャして、まだまだやらなくちゃいけないことはたくさんあるけどね!
まだあと1ヶ月くらい楽しめるね。よしよし♪

gardin2.jpg

gardin1.jpg
[2008/07/26 16:56 ] | できごと | コメント(6) | トラックバック(0)
優しいシェリ
今日IKEAにでかけた。

なんか拡大工事中。数ヶ月前から始まってるけど、ようやく外側の形ができてきて、
さらにでっかくなってた。

それはともかく、

買い物を終えて車に戻ってくるとシェリが
「サングラスがない!」
って気づいた。。

「私だーーーーー!!!
あの時私がちょっと棚に置いちゃったからだ!!」

そうなの、グラスをいくつか買ったんだけど、不便そうにしてる私を助けてくれようと
ちょうど0,01ユーロでマクドナルドのお持ち帰りBOXみたいに仕切られてるやつがあったのを
見つけたシェリはして、BOXを組み立てたのだ。
そのとき、私がサングラス持っててあげるよって言ったの。
でもかさばったからちょっと棚に置いちゃったんだ。。。+o+


急いで戻るものの、やっぱりもう無い。。
お店にも届いてない。
運悪く悪い奴に見つかって持っていかれてしまったのかもね。
後で見つかったか電話をくれるそうなので待ってみるけど、きっとないな。。

いつも2人で確認して気をつけてるのに、ふとした瞬間忘れてしまう。。

しょぼんとしている私に、
「C'est que des lunettes. お財布とか鍵じゃなくよかったね。」
とサラッと言ってくれたしぇり。
本当はきっと寂しいはずなのに、第一声にこう言ってくれる優しい人なんだ。

嬉しいので書き留めておく。
シェリ自慢でした。

しかし、結構落ち込むのぉ。
なんせほとんど外出しないのに、たまにお出かけするとすぐやらかしてしまう。
いかん、いかん。
[2008/07/25 13:48 ] | シェリ自慢 | コメント(4) | トラックバック(0)
gateau_lunettes1.jpg
gateau_lunettes3.jpg
gateau_lunettes2.jpg


eummieさんのブログで紹介していたおかしを早速買っていただきました!!
まずはブルーベリー味。
んんん~~~おいちぃ♪♪♪
しっとり、甘すぎない、なんだかよくありそうでなかなか発見するのが難しそうな気がする。。
シェリくんと30日公開の映画wall E とかムンクの叫び みたいにして写真を取ってみた!
キモイね!!笑

ほんと、毎日一枚が日課になりそうな危ないお菓子ですね!!
イチゴ味に手を出すか出さないか、迷ってるところです。。
はまると危険だ!

このメーカーのなんどかお菓子に限らず食べてるけど全部おいしいですねぇ♪
明日が楽しみ楽しみ♪

eummieさん教えてくれてどうもありがとうです♪
皆様もお試しあれ!
[2008/07/23 23:39 ] | 未分類 | コメント(4) | トラックバック(0)
パリでの「Les Gens」の被害報告
そうだ。パリでは結構「Les Gens」の被害に遭った。
書き切れないので印象的なものをいくつか。


まず、ご想像の通り、ディズニーランド。
ほぼスペイン人オンリーだった。
アトラクション待ちにて。みんな物凄いくっ付きよう。
進んで止まると必ずワンプッシュ。ホント頭くる。
フランス人曰く、彼らはくっ付きすぎ。
私にはフランス人も十分くっ付きすぎだけど、その彼らでも結構イヤらしい。


そして、特にアラビアンのテクニック。
街中と同様に、子供を使う。
どんどん先に行かせて
「おぉ?!どこだい私の子供??」
といいながら、人を抜かしまくる。
スペイン人でもコレをやってる奴はいたけど、特にアラビアン。何度見たことか。
彼らの普段からの、平気で人をあざむいて生きている様子が伺えてきてとても腹立たしかった。

とか、最後尾から並ばないで入ってくるスペイン人とても多し!!
ムカつく!!
何度もみたし、何組かちょうど私たちの前に入ってこようとした馬鹿者がいた。
私はムカついて、
「するなら私たちの後ろにどうぞ。私たちの前に入ってこなきゃなんでもいいから。」
と、フランス人並の自分のことしか考えてない発言をした。

他にもシェリママは、もぐりこんでこようとする子供をギラっとにらみつけて、防止した。
物凄い押してくる子供にも最初は優しく言ってたけど、最終的には世界共通語の「STOP」を強く言って子供を黙らせた。
ちなみに、この子供、6歳くらいの3人兄弟のアラビアンで、母?姉?は15歳くらいの女の子。
甘やかすばかりでしかることを知らない女の子に見えた。
私たちの後ろにいたので、アトラクションの乗る位置も私たちの後ろだった。

すると乗るとき、普通、2人乗りようになっていて、その席の横に私たちは待機するでしょ。
なんと、このガキども、ドアが開いた瞬間散らばって、好きなところに座ろうと駆け出した!!!
当然私たちのところにも1人きたから腕を捕まえて振り払った!
係りの人も「ここよ!!」って連れ戻した。
なんなのこの子たち?!
2人づつ待つときも、2人乗りなのに、4人で待とうとしたり、私たちのところをとろうとしたり、
係りの人が「TWO, TWO」って解かりやすくジェスチャーしてるのに「YES」っていって私たちのところに並んできたり。バカか!バカだ!
だから係りの人は私たちがこいつらと同じグループだと思ったらしく説明するように言われた。
「冗談じゃない!同じグループじゃないわよ!あんたが説明しろ!」
とは言ってないけどそんな気持ちだったよまったく。
コレが初めての遊園地で、初めての乗り物だったんだろうか?!
にしても、いくらガキでも考えたらわかるじゃないか。信じられん。

ディズニーはこりごりじゃ。ってか人ごみはこりごり。。



さて、もう一つ印象的だったのは、「おとぼけテク」。
トワリーの帰り、ピザでも買って車で食べよう。ッてことになりピザやを発見。
7時半くらいでお店には誰もいなかった。
さて、普通に注文を済ませ、焼けるのを待っている。
入り口のほうのソファーをどうぞと言われた。
釜まで結構距離がある。
先にお会計を済ませようとお金を渡すと、シェフしかレジを触れないからおつりを渡せないんです。
シェフが来ると思うからちょっと待ってて。

さて、少しするとシェフのおばさんがきた。個性の強そうな人だなぁ。。
ニコニコしながらお釣りを用意して去っていった。
でも係り若い女性スタッフがお釣りを渡すらしく、私たちはその人がピザとお釣りを一緒に持ってくるのを待っていた。

さて、やっと焼けたみたい。
スタッフはピザとお釣りを持ってきて、「ありがとう、さようなら」とそそくさとキッチンの裏へ行ってしまった。なんか変な感じ。。。と思うとやはり案の定何かトリックがあった。

なんと、お釣りが違う。ややこしくてよく覚えてもいないんだけど、大体こんな話。
ピザは12ユーロ。(ちいさいピザなのにめちゃ高い。)
20ユーロを渡したので、お釣りは8ユーロのはず。
それがなんと、1ユーロが6枚と、20セントかなんかのフランが1枚。
どうやら2ユーロコインと似ているらしく、「間違えた!」を装い「気づきませんように。。。」
と願っていたらしい。
というのも最初からなんか胡散臭い雰囲気が漂っていた。
だいたいシェフしかレジをさわれないのに7時半になってもシェフがお店にいないなんてなんか変。

なので私たちはこれは絶対わざとの間違えだ。と確信していた。
するとそれを証明するかのような行動も伺えた。
「あのね、フランが入ってるから2ユーロ足りないよ。」
というとスタッフは
「でも私はレジに触れないんです。。シェフもどこに行ったんだかわからない。」とって、お店外へ出て辺りをジロジロみてる。
私はおばさんが、お店の入り口の手前にあるドアへ入って行ったのをみたので
「さっきそのドアへ入っていったよ。」
って教えた。すると彼女は
「うん。でもここは他のアパートへ繋がってるの。」
という意味の解からん返事をした。
「はぁ?!」
なにそのアホな回答?!あんたちの間に何があるんだか知ったこっちゃないけど、遊んでんじゃないんだから呼んで来いよ!
そのドアから入ったって知ってんだから呼びに行ってくればよくない?!
ってか電話して呼べばよくない?!
なに言ってんだこのバカ女?!
とみんな怪しんでいた。
彼女も行ったり来たりして私たちが話しかけられないようにがんばって動いてる。

そして、
「ってかじゃ、待ってる間にピザ切ってよ。」ってたのんだ。
ってか既に3人でピザを買いに来てるのにお持ち帰りでピザをカットしないなんてどういうこと??
とか切りますか?って聞かないってどういうこと?!

そして、ピザを切りにキッチンへ戻ってきたその時!!
私たちは見た!!

振り返るとお店の中央に2階部分が見える。
見た目からして事務所っぽい。。。あのドアがこの事務所に繋がってるに違いない!
すると!!!
なんと、そのカーテンの隙間からあのおばさんがこっちをのぞいてるではないか!!!!
みんな爆笑!!
「ほら、あそこに隠れてるジャン!」
って鼻から笑いながらシェリ。
するとスタッフはもう限界と思ったのか、ジェスチャーして降りてきて!と言った。

そして、下りてきたおばさんにことの経緯を伝えると、
「あら?間違ってた?すいませんねぇ。目がよく見えなくて。」
といって1人でこそこそレジを開けて、Voila!とお釣りをくれなおした。
それがなんと、2ユーロプラスすればいいだけの話なのに、全部戻して、たくさんのセンチームを持ってきた。絶対これは怪しいと思って。その場で触らずに計算するシェリ。
「マダム。良ければ一緒に数えようよ。見た目からして1ユーロ足りてないよ。」
「ええええ?!!そんな私は計算もできなくなっちゃったの?!オロオロ」
みんなの目の前で計算すると、ほら、やっぱり1ユーロ足りない。
すると、ようやく観念したらしく、あっさり1ユーロを持ってきて、
「時間かけちゃってごめんね、私は1ユーロが惜しくてこんなことをしたんじゃないのよ。わかってね。」
と言った。
「BIEN SUR」
とシェリはイヤミたっぷりで答え、挨拶などせず店を出た。

発狂しない彼はすごい。
私だったらまず8ユーロお釣りをとれないまま帰ってたことだろう。。

私たち、背の高くないシェリと、アジア人のカップルなので、
こうやって人からナメられることがとても多いんです。

だからこそ、人の倍冷静で強いマインドを持ったシェリ。
賢くたくましい我が夫です。

いやいや、「Les Gens」の被害、果てしない。
おかげでしぇりくんの素晴らしい面を発見できる機会が多いのだけれどさ。。。

おうちが一番、一番。
[2008/07/21 11:41 ] | できごと | コメント(4) | トラックバック(0)
きもかわ植物
前にも書いたけど、
葉っぱに葉がさく植物がMAXを迎えてぽろぽろ落ち始めた。
見逃さないように写真を撮った。

一見
「うわっ!気持ちわり!!」
って鳥肌が立つんですけど、
葉っぱに葉っぱがさくなんてかわいい。不思議。。

この小さい葉っぱが落っこちて、落っこちたのがどんどん育つわけです。
なんと3日くらいで目が出てる気がします。。
こいつ、ホントぐんぐん育っちゃって、他の植物と一緒にすると、他の子の栄養まで全部奪い取っちゃう生命力の強い植物なんです。
ちなみにシソを入れたらどうなるかと実験したところ、
かわいそうなシソは全然発育しないわけです。

そうだ、しかも!
でっかい葉っぱが多くなりすぎた。と思ってちょん切ったんですよ。
それで川に放り込もうと思ったら、フェンスにぶつかり、塀に落っこちたんです。
取れないんでほっといたら、1ヵ月後くらいになって、この小さな小粒ちゃんがちゃんと咲いたわけです。
1ヶ月間、真夏の太陽のしたでカリカリに干からびたはずなのに、、、。
なんていう生命力。
自然はすごい。

だからぽろぽろ取れたのは、目の前の川へ放り込みます。笑
そこでぐんぐん育ってくれると見ててもうれしいし大助かり。
って、見えないけど。

ちなみにこの植物は日本から持ってきた宝物なのですが、
日本からは5粒くらいこのを持ってきただけなのです。
大丈夫かなって心配だったんだけど、全然問題なかったわけです。

欲しい方差し上げます。笑

DSCF6352.jpg

DSCF6354.jpg

DSCF6355.jpg
[2008/07/20 12:32 ] | 動物 et 植物 | コメント(2) | トラックバック(0)
ままと記念撮影
同じく23日の朝、
写真をもらった!

なんてうれしい写真なんだろう!

コンセプト
①いつもみんなで
②アーティスティックに
③みんながモデル
④周りの木々、花も大いに撮ってほしい。
⑤植物を接写して後ろにブレて私たち

そうそう、いつもカメラ目線の、一直線に並んだ。。。 とか、2人だけのラブラブな写真、、
というのは去年やったので、今回はクラシックなのをちょっと撮った後、
一生懸命やりたいことを伝えてみんなこっぱずかしい中がんばってもらった。

ミクロ撮影にして後ろにブレて私たち。
これがなかなか良いじゃないか。数枚こんな写真があって素敵。

CDジャケットのように一人一人がカメラ目線じゃなくてどっかを見てる。
これぞまさに一人一人が自分らしさを発揮できてとてもいい。

全部違う写真だから、何度みても飽きがこない。

カメラマンも快く理解してくれてアイディアを一緒に出してくれて本当に助かった。

なんといっても去年の公園にもまた行ったんだけど、ままにここで撮ったんだよ。あーだったんだよって伝えることができたのが本当にうれしかった。
(ままはどうしてもこれない理由があって去年は来られなかったのです。)


ちょっと自慢してんの?!ってかんじだけど、自慢の写真だし、
自分のためにブログに記録しておきたいんだ♪

mariage1.jpg

mariage2.jpg

mariage3.jpg

mariage4.jpg

mariage5.jpg
[2008/07/19 10:29 ] | 家族のはなし | コメント(4) | トラックバック(0)
Ben Harper
23日はBen Harperのコンサートに行ってきた。
ちょっと島になってるようなところで回りは海。
写真は会場の近くの大きなビーチ。

DSCF6345.jpg

いやいやいろいろあったよ、またこれが。
最近名前をつけたように「Les Gens」の被害。

Ben Harperだけに、タバコとアルコールは覚悟していた。
禁止されてないし、人それぞれにそれぞれの楽しみ方もある。

でもフランス人ってほんとに自分のことしか考えてない。
人に平気で煙をふーーーってかけてくる。何でか知ってる??
「おっと、私の友達に煙がかからないように他の方向に向けないと。」
それが、他人への被害をこうむってることに気がつかない。
その友達だってタバコ吸ってんだから煙くらいなんてことないだろ。

私はタバコの被害はムカつくほうなのですぐカッとなる。
「おうちにいたら健康でいられるのに、外に遊びに出ると「les gens」のせいで副流煙もらってガンに」なるなんて冗談じゃない!!
あんたがタバコの煙を平気で私につけてくんならこっちはツバはきかけてやる!!
タバコの煙よりは全然無害じゃん!!」

しぇりも私も何度「あっちに向けてよ、mon ami。」っていったことか。

さらに、「Les Gens」はビールを飲みたくなり、ビールを買うわな。
お腹がすくから始まる前に売ってるサンドウィッチを買うわな。
で、「Les Gens」は非常識なので、みんなごみをその場に捨てる。
で、歩くごとにごみに当たる。
私はごみ時処理場にいる気持ちになって不愉快だ!
しかも他人が「おっと!」って蹴ってしまったごみが私の足に当たる。カッチーーーン。

さらに、これはオーガナイズのせいだけど、なんと立ち見だった。
なので計5時間以上は立っていた。
ありえない。。。ホント疲れちゃってもうどうでもいいっていう気持ちにもなってくるわけだ。

すると「Les Gens」ももちろん疲れてきて集中できなくなってくる。
すると彼らは平気で電話を始める。
「salut!今コンサートに来てるんだよ。いいよいいよ。」
とそこらじゅうで電話や友達同士の世間話が始まる。

しぇりと何度
「静かにしてよ」っていったことか。。。

「私たちだけなの?こんなにすぐナーバスになって人に注意しているのは。。。」
と思うくらいに誰も何も言わない。

それでもBen Harperと彼の仲間は素敵に音楽を楽しむ。
そしてそのおかげで私たちは最後まで持ちこたえられた。。


DSCF6348.jpg

アンコールになり、
しっとりとした曲を選んだBen。

「Les Gens」も最後の力を振り絞って集中。
すると、なんと、ラストのラストの曲でケンカ勃発。

暗くてシルエットしか見えないんだけど、
私たちの2m前で事件は起きた。

一人ね、本当にうるさい女がいたんだよ。しっとりした曲の最中でっかい声で電話して、ゲラゲラ笑ってたんだよ。
すると、周りの誰かが「ta gueule!」
といった。
「誰だてめーーー!!」と聞こえたと思うと、2m先の集団が、5mほどザザザーーーーと左へ押し寄せられた。
そう、この馬鹿女が暴れだした。
「放してマーガリ!!止めないで、行かせて!!」
としきりに暴れたい様子。

周りからは相当ヤジもとび、計5分間ほどあわただしい状況が続いた。
Benさんは気づいていない様子。よかった。まぁ、彼のコンサートではよくある光景なのかも。。

とにかく、私はこんな状況は簡単に想定できるから、イスがないコンサートは反対!
最低自由席でもイスを設けるべきである!!
今回もさ、自由席とも書いてないから心配はしていたんだよ。。。

フランスのコンサートはこんなことばっかりだからほんと、コンサートは日本で行くからいいや。って思っちゃう。
それかDVDでいい音を楽しむとか。

でもやっぱりアーティストは皆さんとってもすてき。生の音もやっぱり最高。
だからまたこりずにコンサートにいくんだろう。。。ふぅ。

J'aime pas 「Les Gens」.
[2008/07/19 09:46 ] | コンサート | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。