スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
stage
フランスの教育課程の中にstageっていう研修、実習期間が一週間ある。
13歳、14歳の年の学年(collègeの3年目か?忘れた。)。
将来何をしたいのかを考えて、自分で会社等に連絡をして、stageを受け入れてくれるかお願いする。
たいてい知り合いの会社だったり、、、っていうのが多いらしい。

ちょうど今週がstageの時期で、妹はポンピエ(消防署)に興味があるらしくそこに行ってる。
普段は消防署はstageを受け付けないらしいけど、しぇりママの彼氏のコネでこれまたパス。
どうやらとってもよくしてもらっているらしく、今日の最終日を残念にしてた。
出動には付いていかないけど、いろんな訓練を体験させてもらえたとか。
それはよかった。

妹の話に寄ると、
彼らは普段は冗談を言ったりりふざけたりしていて和やか雰囲気らしいけど、
救助のサインがくると2分で出発するらしい。
また、車、整備の点検は決して欠かさず、必要用具などは最低3度の確認をするらしい。
これはフランスといえどもとってもしっかりしていて信頼が置ける。
それがポンピエの仕事の第一でもあるけど、嬉しいニュースだ。

彼らの地域は平均一日4件出動するんだと。
妹は2日目に悲しい事件の出動命令を耳にした。
厳しい現実を目の当たりにして、いろいろなことを学んでるんだろう。

彼女は語学に興味があって、将来はインターナショナルな仕事がしたいらしい。
でも同時にポンピエで「猫が溝にはまってしまったの。助けてちょーだい」
っていう、プチマミーを救いたいんだと。かわいい想像だなぁ。
プチマミーのかわいい事件の方が少ないと思うけどね。
なので週末限定の pompier à volontaire になりたいんだって。
がんばるなぁ!
がんばれ若者よ。

stageでひとつちょーアホっぽいいかにもフランスらしい話が、
妹の友達は弁護士にstageをお願いして、こころよく了解をもらい、全て準備万端だった。
すると学校側はこれを拒否。
理由は同学年でもその子はまだ13歳だから。
14歳ならokだったらしい。
ってかその学年のこがstageをやるものであって、13歳も14歳も関係ない!
そのためこの子は急遽変更しないといけなくて、
決まったのは、わが町のちっぽけな市役所のちょーーーつまらん案内係。
あんなところ人は来ないは、きても「OOOはOO階です。」だけしかしてない。
しっかり目的を持って決めた弁護士のstageを、学校のうんちくのせいでダメにされた。
せっかく真面目な学生がいるのに、教育する側がこれかよ。
矛盾してる。

妹のおかげでフランスの学校のいろんなことが学べるんだけど、
自分の子供がこの国の学校に行くって考えると私は結構反対なことが多い。
まぁ、同様に日本にも良い面も悪い面もあるんだけどさ。

妹を送った帰りに寄った近くの海。
mer1.jpg
[2008/05/23 10:17 ] | フランスについて | コメント(2) | トラックバック(0)
<<母の日 | ホーム | しそ>>
コメント
No title
妹さん、とてもいい経験をされていますね。

どこの国も色々といいこともあれば悪いこともありますね。
しィれんさんから色々と知ることが出来てうれしいです。

stageのことはTVなどでも聞いたことがありましたが、
実際に経験をしている人の話をきいたりすることってなかなかないですよね。
生の声っていうか。
また色々なこと書いてくださいね。
[2008/05/23 16:02]| URL | chavi #d.sBn14U [ 編集 ]
chaviさんへ
そうそう、それはありがたい点ですよね。
学校行事とか、どんな進学コースがあるのか、どういう仕組みになってるのかとかって、こっちの事情もよく解からないですもんね。

その反面問題だらけでやんなっちゃいますけど。笑 (でた!愚痴!)

また彼女の出来事があったら書きますね!
でも毎日感じることは、親としては結構心配なことが多そうです。
特に付き合う、付き合わないとか、そういった話がメッチャ早くて聞いてるこっちが目が点です。。。
それ今度書こうかな??
[2008/05/23 16:18]| URL | しィれん #- [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。