スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ポルトガル人に迷惑
ぶどう狩りの仕事などで、ユーロ圏内外から出稼ぎにくる季節がやってきた。らしい。
そこで出稼ぎのポルトガル人の被害にあっているシェリの叔父さんパトリックのはなし。

そもそもパトリックは今仕事で遠くにおり、しばらく返ってこないので、彼のまま、つまりシェリのおばあちゃんがお庭のプチ畑などのお水をやりに2日に一度ほど来る。

この敷地内、外の門を入ると3階建てくらいの建物とパトリックのお庭付きの小さな小さなおうちが隣接してる。
さて、ポルトガル人は隣の3階建ての方のおうちを借りてきた。
なんと総勢20名ほどいるらしい。それと料理人1人。
事件は起こった。
おばあちゃんのシモンが来るとなんと、パトリックのお家の門が勝手に開けてあり、敷地内の物干し竿に洗濯物が干してある。
そして彼のゴミ箱を勝手に使っている。2日ででっかいゴミ箱3つが満タンですごい臭いを発しており、
毎日恐ろしい数のお酒のビンビンビン。。。
さらにパトリックの敷地内にあるガーデンのイスを勝手に持ち出す。
さらに、外の大きな門はいつでも空いていて、しかもオートシステムっぽい門なんだけど、壊れてる。

ちょうどこの前シモンとお買い物をした日にパトリックのおうちに寄る事になった。
その日にもやはり洗濯物発見!
シモンはもちろんパニック!

冷静なシェリは、パニくらないで、こういう問題は不動産屋とオーナーに伝えて処理してもらうのが一番。といって電話番号を控える。

すると料理人が2階から顔を出したではないか。

パニクってあわあわするシモン。
でもまったくフランス語が喋れないポルトガル人。
幸いシェリはスペイン語が喋れたのでお互い片言で会話。
「これは大問題だ。勝手に人の敷地内に入り込むなんてどいうことだ。」
ブラックマネー系な出稼ぎの人が多いので、彼らはコレがポリスなどに知れるとヤバイのか、とっても弱い対応。
「ごめんなさい。洗濯物は帰ってきたら本人にすぐに取り込むように言うから。」
「冗談じゃない、あなたが今きて取り込め。」
彼は降りてきて、握手を求めた。
「握手とかぜんぜんいらない。不法侵入なんだぞ、わかってるのか。ゴミ箱も君たちのじゃない。パトリックがきちんと市と契約してるんだ。こんなに汚くしてきちんと洗え。」
「知らなかった。。。」

知らなかったの一点張り。
多分、不動産屋も何にも伝えてないんだろう。
それにしても不法侵入は外国人だろうがわかるはず。

シェリは
「もう二度としないって言った言葉を信用しますけど、ホント注意してください。」
といってその日は終わり。
2日後に来たシモンはまた同じような光景を目にした。
まだ不動産やにも行ってなかったらしい。その件をパトリックに話したら早朝、彼からシェリに電話があり、
「シモンじゃちょっと不安だから、頼まれてくれないか。それがだめなら今すぐ帰らないといけない。」
「僕がやるから心配しないで。」
さてすぐさまシモンと不動産屋に直行。

すると、担当者はもうこの一件を知っていた。
というのも、他の住民からも苦情があり、さらに、オーナーのおいがたまたま見に来て怒り爆発で、おいがオーナーに伝えて、お怒りの電話がかかってきたところよ。とのこと。

この不動産会社は、さらにこの敷地を出稼ぎの人たちのための会社なんだかに貸しているとのこと。
そこでスピーカーフォンにして、私たちの前でこの会社に電話。
すると、
「え?!20人なんてそんなの知らなかったわ!私との契約書には住居人3人。エンジニアに建築家って書いてあるもの。すぐに対処するわ。」
とのこと。
っていうか、普通に考えて、5LDKもあるお部屋に3人で住むなんて考えられないだろ!
実際寝袋がいくつも干されてるんだから、、、、。

でもこの日も朝シモンはパトリックのおうちにいたので迎えにいくつでに様子を見に行った。
するとまたこの料理人に会った。
彼は「さ ば?? とぅ ば びあん??」
とかって聞いてくる。
シェリは
「mais non!この前信用するって言ったのに、もうコレか!」
っていうと、この人、
「でも今日は何にもしてないでしょ?」
って今日は大丈夫??って聞いてくる。アホかいい大人が!
お話にならんね。

ま、そんなこんなで私たちがリスクを負う必要は何も無く、あとは不動産やに任せるのみ。
不動産屋とオーナーはしっかりしててホント良かったよ。。。

心配なのはパトリック。
週末は子供たちがパトリック家にくるので数週間に一度彼は帰ってくる。
怒りっぽい彼、喧嘩っ早い彼。
シェリは何度も何度も
「何かあったら不動産やなりに連絡するんで、ポルトガル人と話しもしちゃだめだよ!」
って言い聞かせた。
明日かあさって帰ってくるのだ。。ちょっと心配。


おもしろかったのはシモン。
干してある洗濯物を見て、
「とんでもない!」
って怒りながら、誰のかもわからない人の洗濯物を取り始めた!
普通触りたくも無いだろう!!笑
しかもシェリいわく、なんと下着のパンツからとり始めてたらしいい。
相当パニクっていたんだろう。笑
ま、女性だし、ぜんぜん気にしなかったんだろうけど、あとあとシェリとバカウケした。

何かと災難が起こるなぁ、ホント。
ま、これも人生の経験ってことで。
[2008/06/19 11:14 ] | できごと | コメント(0) | トラックバック(0)
<<サッカー | ホーム | ステキな食事>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。